MENU
プロフィール背景画像
日々屋 育(ひびや いく)
書いている人
涙もろい30代
昨日なにしたかなんて覚えていません。
生活を便利してくれるツール・生活家電が好きです。
主に育児のこと。
やって良かった&悪かった便利グッズなどをメモしています
改装中につきサイトデザイン乱れてます

simejiの音声入力が便利!早く書くコツをマスターしてブログも返信もスピードUP!

simeji
ひびやさんち

あなたはSimejiという
日本語入力アプリを知っていますか?

現在利用していなくても、Simejiというアプリの存在を知っている人は多いと思います。

iPhonはSimejiの良さがイマイチで使いにくい点があるのですが
Androidユーザーなら一度は使ってみて欲しいアプリです。

デザインと機能面でカスタマイズ性が非常に高い

基本無料で使えます。
多機能でカスタマイズしていく度に自分仕様にできて、すごく便利!
・・・無料なので広告がたまに出てきます。

ひびやさんち

今まで使ってきた日本語入力アプリの中では
痒いところにも手が届くところがナイス!

目次

simejiの音声入力がどれだけ便利か

ひびやさんち

ぶっちゃけますと

この記事を書く5日前までは、Simejiの音声入力機能を使うことはありませんでした。

むしろ、このマイクアイコンを邪魔だとさえ思っていました(笑)
それが今では最も多用するアイコンに。

実際、今も私はこのSimejiでブログの記事入力をしています。

ひびやさんち

他の音声入力ツールとの違いや
simejiで音声入力をする時のコツは下にまとめるね

simejiとGoogleスプレットシートとの比較

Googleスプレッドシートの音声入力を利用している方は頷いて下さると思いますが、
スプレッドシート内だけでしか使えないの不便じゃないですか?

① simejiは入力する場所さえあれば、基本どんなアプリでも機能します

ひびやさんち

ほんとにここの使い勝手がよくて

わざわざ音声入力をするためにアプリを開く。
このひと手間がないだけで、相当便利です。

スマホだけではなく、今調べてみると「Windows」でもダウンロードして使えます
WIN版ダウンロードページ

ひびやさんち

この記事書き終わったら
早速ダウンロードしにいこう・・

② simejiの方がGoogleより聞き取り速度が速い

Googleの音声入力と比べたら恐ろしく早いです。
音声入力の使いはじめで慣れない頃は、私の方がに追い付かなかったくらいです。笑

③ simejiの方がGoogleより日本語変換精度が高い

聞き取りだけではなく、変換精度が高くて優秀です。

ひびやさんち

私の甘噛みしまくって日本語も
意味ある言葉にしてくれた

④ simejiなら句読点「、」「。」「改行」が音声入力でできる

Googleの音声入力では現時点ではない機能です。

ひびやさんち

特に改行ができるのはすごく有難い!!

「、」「。」の精度は期待しすぎるとイマイチですが、それでもなんかそれらしいところに自動で入れてくれます。

ひびやさんち

すき・・・!

simejiに限らず音声入力する時のコツ

自然に言葉が出てくる人には不要の章です
読み飛ばしてください

私は記事でも何でも書くのが遅いのが悩みでした。

タイピング速度は特別遅くないと思っています。
それよりなにより、書くのが遅い原因に文章を入力途中で何度も読み返すクセがあります。

ひびやさんち

なんかちがうんだよな~

酷い時は、一行ごとに・・・
読み返す都度、かなりの時間を消費しています。

このことがネックで、でも自己解決できそうにない。
私はついに人に相談しました。

すると

自分の言葉じゃないから遅くなるのではないか

という意見を頂きました。

・・・・・・・・

ひびやさんち

改めて考えると普段は話し言葉で話しているのに
文字を入力する時は書き言葉です。

しかも普段はこんなに丁寧な言葉で喋っていません。

頭の中で言葉を微調整しながら文字を打つので、
話の前後や言葉の意味がおかしくなっていないか気になるのではないか?

だから前に戻って読み返す。
ここで時間のロスが生まれるのだと思い当たりました。

このことを踏まえて「音声入力をしょうとすると言葉が出ない」人に私なりの音声入力のコツを紹介したいと思います。


  1. 1度自分の言葉でとにかく喋ってみる
  2. おかしな文章は更に音声入力で話し直す

ひびやさんち

え?わからない??

音声入力で大事なのは、とにかく思ったことをそのまま話し続けること・・!

文章や言いたいことが、めちゃくちゃになってもいいのです。
(後で直せばいいんだから)

私が最初に「音声入力は自分には向かない」とあきらめた時って、そのまま文章として使えるように話そう。
と考えていたからなんです。

ひびやさんち

話すの得意でもないのに…

一発で使える文章を音声入力できる人がいたら話のプロです。
まずはカンペを作るつもりで、とにかく書きたい事・話したいことを音声で吹き込む。

そんなイメージで話してみて下さい。

だんだん慣れてくるとリズムよく話せるようになります。
どんなにタイピングが早い人でも音声の速度で打てる人は、そうそういないと思いますので(笑)
今はタイピングだけで速度的に困ってない!という人も試す価値アリだと思います

ひびやさんち

実際本格利用をしだして5日しか経ってないけど、世界が変わったよ~

音声入力のコツまとめ

  1. まず話したいことを話してしまう
    →変換とか言葉の美しさとか文節とかどうでもいい
  2. 上の①で話したことをカンペにして話し直す
  3. ①と②を繰り返し納得できたら音声入力終了
  4. 誤字訂正
  5. 全体を通して文章を見直し改行を入れたり読みやすく整える

今まで1記事書くのに平均して10時間くらい使ってたけど、この記事は娘と一緒におやつを食べながら2時間半でできたよ!

ひびやさんち

快挙~!!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる